かみましきトピックスTOPICS

通潤橋4年ぶりに放水

お知らせ 2020.7.31

2016年4月の熊本地震と2018年5月の豪雨によって石垣の一部が崩壊し、復旧工事中だった山都町の国指定重要文化財の通潤橋が7月21日、4年ぶりに放水を再開しました。

 放水が再開した初日は午前と午後の2回放水が行われ、合わせて300人以上の観客を魅了しました。

 通潤橋は1854年四方を河川に囲われた白糸大地に農業用水を送るために建設された日本最大級の石造りアーチ水路橋で、通潤橋を渡った水は現在も白糸大地の水田を潤しています。当JAとしましても、今回の復興は今後の地域活性化に向けての明るいニュースとなりました。