熊本の太陽が育てた、かみましきのおいしい農産物

かみましきの春のレシピはこちら

  • (2合分)
  • 米…2合
  • Aコープすし酢…60cc
  • ロースハム…5枚
  • うずらの卵…10個
  • 卵…4個
  • みりん…少々
  • 塩…少々
  • 黒ゴマ…適量
  • のり…適量
材料
  1. 1.米を炊いて置き、すし酢を混ぜて冷まし、10等分し円錐形に握る(これが胴体になります)。薄焼き卵を焼いておく。
  2. 2.ハムを扇状に4等分し、胴体にハム、薄焼き卵を巻き着物の様にする。上にうずらの卵を置き、黒ゴマやのりで顔を書いたら完成。今回は赤かぶで口等を作りました。
材料
  • (4人分)
  • なばな…1束
  • 塩…ひとつまみ
  • 麺つゆ…大さじ1
  • マヨネーズ…大さじ2
  • ゆずごしょう…適量
  • ゴマ…少々
材料
  1. 1.鍋に水と塩ひとつまみを入れ、なばなを固めに湯がき、ざるに上げて絞り5cm幅に切る。
  2. 2.(1)に麺つゆをふりかけ、絞り、マヨネーズ、ゆずごしょう、ゴマをさっと和えて完成。
材料
  • (2合分)
  • 米…2合
  • なばな…1束
  • Aコープすし酢…60cc
  • タケノコ…50g
  • 漬もの酢…大さじ1
  • 卵…適量
  • 生ハム…適量
  • 酢漬けのカブ…適量
材料
  1. 1.米を炊いて置き、すし酢を混ぜて冷ます。なばなは湯がいて堅く絞り、すし酢適量を揉み混んでおく。
  2. 2.湯がいたタケノコをスライスし、漬もの酢を混ぜる。錦糸玉子を作り、生ハムは1cm幅程度に切りそろえる。
  3. 3.すべての材料を酢飯に混ぜ、酢漬けのカブをスライスして花の様に重ねて飾ったら完成。
材料

 

かみましき特産品マップ

益城地区 嘉島地区 甲佐地区 御船地区 山都地区 かみましきの特産品 旬のカレンダーはこちら

かみましきキッチンレシピ

広報誌 JAかみましき

地域コミュニティ誌 かみ・come!!

直売所 とれたて市場

困ったときは(緊急連絡先)